人生詰みサイクル

脊椎反射で即清書

臆病な自尊心と尊大な羞恥心

   山月記の有名なアレ。去年あたりに高校の国語で習ったが、たしか当時国語教師はこの言葉について深く触れず、虎になってしまった李徴を知ってしまった袁傪の心情についてを大きな考察台にしていたように思う。
   臆病な自尊心と尊大な羞恥心って、自分より上の人といると劣等感感じて辛いくせに自分と近い身分、それ以下とは一緒は嫌。みたいな意味だったと思う。

   ポケモンってものすごくこの心理でやってる気がするんだよなぁ〜周りの人よりレート低いの辛い、けど低レート雑魚チンパンだと思われたくないし強い人と一緒の存在でいたい。

   すこーーし捉え方は変わるけれど、プライド高い癖に臆病で失敗を恐れて行動しないそるにゃんの恋愛感も似ているのかもしれない。自分は人より優れてるって思ってるけど、それを示したりする行動はとりたくないしなにより恋愛に失敗したくない。だから自分からは行動を起こさない。好きな人に好きになってもらえるのを待ってる、なにもしてないからなるわけないんだけれど。
   なにも行動しない自分を変えるためにそるにゃんは周りに好きな人バラしたんだけど、まったく変わりませんね、やる気あるんでしょうか。こいつ何様やねんまである。

   源君物語の六条先生みたいな人に愛されて人生楽しいしたぁい!この臆病な自尊心と尊大な羞恥心を評価してくれる女の子がいたらなぁ〜

   そもそもそるにゃんは李徴ほど優れていない件には触れてはならない