人生詰みサイクル

脊椎反射で即清書

思い、思われ、ふり、ふられ

   1巻読んだ感想記事てきなアレ(ねたばれあるね?)
f:id:shu-likes-king-for-kazuki427:20151029034634j:image

   ストロボやアオハライドでおなじみの咲坂伊緒さんの最新作。恋愛観の違う人達の様々な恋愛ってのがテーマみたいで、新鮮な感じがしました。
   漫画や小説の恋愛作品って理想的な、みんなが憧れるような恋愛を描くのが基本だとそるにゃんは思っているのだけれど(作中の由奈ちゃんが思い描く感じが近い)、現実的な恋愛をしてる朱里ちゃんがメインなのは珍しく、少し期待できますね、朱里ちゃんははたしてこのスタンスを貫いてくれるのでしょうか(無理そう)


   さてさて、作中では、所謂漫画みたいな、 ”運命的な恋こそが恋愛” とする由奈ちゃんと、流れやなんとなくで恋をする ”現実は人工的な恋が普通” とする朱里ちゃんとの恋愛観の対比が主題なんだけれど
   そるにゃんは明らかに由奈ちゃんタイプの思考人間。由奈ちゃんは ”私のことをわかってくれる王子さまが私のところへいつかやってくる” と夢見ていて、そるにゃんも ”いつか私の好きな人が私のことを好きになってくれる” って夢見てる。(夢見てるって表現するのは言い過ぎだけれど。)
   そるにゃんは人工的な、現実的な恋愛ってのが個人的にはあまり理解できないです…(決して彼女がいない言い訳ではない)恋に落ちる準備をする、とか作中のセリフであるけど意味がわからない>_<。この異性と今後恋愛するかも?って考えながら友好関係築いていくとか怖いなぁって思った。この段階でさえ理解できないんだからウェイ達がやってる所謂 ”女の子紹介してよ” なんてさらに理解不能。リアルお察しだなぁ…
   このふたりの違いは自分に自信があるのかないのか、みたいなところにありそう。自分に自信がないから運命的な恋に憧れるし、自信があるから自分で進もうって現実的な恋になっていく。のだと思います。

   そるにゃんはヒロインのふたりから自分を当てはめて色々考えてきたわけだけど、普通なら男ふたりの方で比較するよね?そるにゃんな男だよなぁ!?
   理央と和臣、はっきりいって両方わかんねぇ…。まだあんまり人間性がでてないから仕方ないのかもしれないけれど。メンクイなのはおいといて(そらかわいい方がいいよね)、やっぱ恋に対して軽い理央は理解できないし、自分に自信ニキの和臣もそるにゃんから遠い存在すぎる…。

   もしかしてそるにゃんは女の子なのだろうか()

   はっきりいって登場人物みんな頭ふわふわで見るに耐えないんだけど(ストロボもアオハルも理解できないから作者の考え方が多分根本的に理解できない)どうやら理央くんから禁断の愛的な匂いがするし、見るしかないよなぁ?
   好きな人が姉になるってそれ幸せライフすぎでしょ。それに、朱里ちゃんの黒髪ショート、良い。

   精神的に追い詰められて潰れそうになってる朱里ちゃん多分そそるんだろうなぁって感じの感想の作品だった(別にSじゃないよ)

おわおわりにゃの