読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生詰みサイクル

脊椎反射で即清書

しにたい

人生とは一体なんなのだろうか

人生に生きがいを見つけて、精一杯生きて、そしたらなんなんだ。一度しかない人生で、死んだら終わりなのに、そこに生きがいを、人生に意味を見出すことになんの意味があるというのだろうか。

なんで生きているのかわからない。
人生を送って何になるの。何も残らないし死んだらそんなことも忘れて消えてなくなってしまうのでしょう?そんな意味のないことに苦しんで、なにを得られるの。
これから毎日苦しい生活をして、苦しみの対価の報酬で苦しさを誤魔化して生きることを幸せって言うのかい?
苦しみがあるから幸せを感じられるし、幸せしかなかったら幸せなんて感じられない、と言うのは確かだろうけれど、幸せを感じるために苦しむということ自体がそもそも違うのではないのかい?


僕は裕福な生活をしているのだろうけれど、まったく幸せを感じない。それは苦しんでいないから、ということなのかい?
今こうして苦しんでいることは傲慢だと、そう言うのなら、僕はどうすれば幸せを感じることができますか。

と、書いてはみたけれど、本題に戻ると、幸せになってそこになんの意味があるの?幸せを感じても苦しみを感じても死んだら同じなんだから、感情に意味なんてないんじゃないのかい?

死んだら終わりなんだからどうでもいいじゃん

なんて事を言いながら僕は痛みや恐怖に縛られて死ぬ事に踏み出せていない。
もうこれ以上苦しまなくて済むのだから、死ぬ時の痛みなんて軽いもののはずなのに払う事ができていない。また幸福を求めている自分がいるから死ねない。その幸福に意味なんてないよねって言っているのに。


しにたいはしあわせになりたいと略だなんてよく言ったものだ。しにたい