人生詰みサイクル

脊椎反射で即清書

ユーフォが奏でる射精管理♪

いまさらながら「響け!ユーフォニアム」の1期を見ました。色々と感じ震えながら見たのだけれど、一言で表すならば

 

ユーフォは射精管理

 

と、言うのも、本作品の主役:黄前久美子と高坂麗奈の2人が奏でる ” 百合 ” からどこかもどかしい隙間を感じるからである。お互い好きな男がいる前提があるのもそうだけど、僕が感じたのは

周囲と共存するもどこか一歩引いているような、少し冷めた感覚を持っている久美子と、周囲との馴れ合いを嫌い孤高の存在として強く特別であろうとする麗奈。そのふたりの百合の旋律は言うなれば、調和ではなく同調に近い。お互い周囲とズレた感覚を持っているからという理由で惹かれあっている。麗奈のような特別を志す意志を羨む久美子、久美子が唯一の理解者で同志になってくれると期待する麗奈、その二人を繋ぐものは心の絆なんて強固で誇らしいものではなく、傷の馴れ合いにさえ見えるほど繊細で美しい赤い糸。

f:id:shu-likes-king-for-kazuki427:20161105134933j:image

そんな安心感のない百合で、さらに抱きしめあったりキスしたりといった形で感情を表現せず、曖昧に例えた言葉で紡ぐ二人だから、とてもとても見ていて心が不安定になる。視聴者として、いつ糸が切れてもおかしくないような関係性を追い続けているのはすごくもどかしい。はやく抱きしめあって永遠に結ばれてくれって思いながら見ていた。それはまるでイキたいのにイカせてくれない射精管理そのものではないだろうか?僕はそう思った。

 

二人の百合について語ったけど、僕は麗奈ちゃんが久美子と触れ合う事でだんだん周囲と共存する上で特別を目指そうとするのがたまらなく感動していいなと思いました。この作品の感想は多分こっちを書くほうが正しいんじゃないだろうか。久美子も麗奈と触れ合うことで上手くなりたい(特別になりたい)と感じ始めるのも同じく、ね。ストーリー後半、二人の目指す先が混ざって繋がり始めたのが神。

他のキャラについて書くのは時間かかりそうなので割愛。ナツキ先輩に憧れる、部長副部長香織ちゃんの三人の百合のようななにかすこ。くらいは書いておこう

 

とにかく麗奈ちゃん可愛すぎるもっと僕を焦らせてくれ

f:id:shu-likes-king-for-kazuki427:20161105135026j:image